Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レジェンドヤマスのドライビング講座⑥~前編
大分というか感覚的には四半世紀ぐらい経った感じがしますが、お久しバブリーは絵文字どうもお久しぶり~ふヤマスです。

まぁ、時間は経てど美人な彼女も奥さんも居ないことには変わらないのと、居ないことの原因は分かっていても自分のポリシーは変えたくないし妥協もしたくないのでモーマンタイですw

いつしか、このレジェンドヤマスのドライビング講座を読んだ独身美人な方が好意を持ってくれると信じて、前回の「講座⑤~後編」は飛ばして⑥に移りたいと思います。

さて、今回のテーマはオーバーテイクです。

レースをやっている中で一番難しく、そして成功したした際の快感がマックスになるのが正しくオーバーテイクではないでしょうか。

このオーバーテイクですが、ドライビングテクニックの中では非常に難しい行為なのですが、必要な考え方は意外と単純明快だったりします。

というのも、ある一定区間(仮にAからB地点とする)において、目的地点まで自身の車両を持っていって(置いて)しまうだけの事だからです。当然、その後のフェーズとして次の目的地点までに抜かれて(入れ替わって)は無駄になってしまうのですが、とりあえずは、最初のステップをきちんとやることから考えてみましょう。

まず、オーバーテイクするにあたって考えることはなんでしょうか?

はいっそうです。1周のラップタイムが自分の方は速いか否かです。

レースがスプリントなのか耐久なのか、また耐久であれば状況によりますが、基本前の車が遅かった時にオーバーテイクの必要性を検討する必要があります。

仮に、オーバーテイクの必要性があるという状況で次に考えることは?

はいっそうです。オーバーテイクできるポイントです。

このオーバーテイク出来る箇所は、コースによっても変わってきます。云わば抜きどころです。ちなみに、状況によってはコースの抜きどころ以外にも抜ける場合もありますが、そういったケースの多くは、そもそも前車との差が明らかに上な要素が揃っており、競争の中でのオーバーテイクではないので今回の講座では触れません。

そのような状況があれば、例え姑息と言われても抜いてしまって下さい。

ちょっと逸れましたが、オーバーテイクポイントの例として大井松田カートランド(OMKL)ロングコースをあげてみたいと思います。

OMKLのロングでのオーバーテイクポイントは、1ヘア(3コーナー)と複合(4コーナー)、Wヘアピンになります。

ちなみに、1コーナーの場合は正に上記であげた「そもそも前車との差が明らかに上な要素が揃っており」に当てはまるのでオーバーテイクポイントではないと見なします。

ここまでくれば、オーバーテイクを行わなければいけない状況とシーンが見え始めてきていると思うのと、いよいよオーバーテイクへの具体的なアクションを取る必要があります。

それでは、何か?

前車に対して"自身が速い区間"の確認です。

ちなみに、上記の状況でコーナーへの突っ込みや旋回速度、そして立ち上がりでは同じだけど、ストレートで追いつく(=ストレートだけで勝っている)という状況は、この講座で触れるオーバーテイクには該当しませんので、マシンのセッティング等もありますが、もっとコーナーを頑張って直線で抜いてしまって下さい。

話は、戻り"自身が速い区間"ですが、恐らく二つのパターンでしょう。コーナーへのブレーキングで詰まるかコーナーからの立ち上がりのはずです。

後編に向けて前編を整理すると、オーバーテイクが発生するシチュエーションと状況は。

・1周のラップタイムが自分の方は速い(前車を抜けば、もっと速いラップタイムを刻める)

・コースのオーバーテイクポイントが頭に入っている

・前車に対して自身が速い場所が分かっている

以上の3つになります。

ここまで、書けば答えは明確になっているのですが、後編は理論的にオーバーテイクを紐解いていきたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teamtdc.blog104.fc2.com/tb.php/230-9f8c57f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。