Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Team TDC新型 「TDC-B2」 をインターネット上で公開
2008年1月15日(木)

Team TDCの最新マシンである「TDC-B2」が、来たる3月29日(日)、世界に向けてネット上で独占公開されます。※2009年のTDCマシンは、これまでのB200Xというネーミングではなく、2周年を意味するB2(ビーツー)というネーミングを与えました。


日本時間の3月29日(日)午後8時、ファンの方が待ち焦がれた新型「TDC-B2」を、http://teamtdc.blog104.fc2.comで初めて目にする事となります。

これまで、新車を発表するプレシーズンイベントは、世界中のメディアを前に行われてきました。しかし、コスト低減を行いながらも、スポーツカートが何百万ものファンにその魅力をアピールし続ける為、Team TDCは、今回新たな方法を取り入れる事を決めました。

Team TDCの社長であるニコ・タキベルクは、次のように語っております。「スポーツカートを取り巻く環境は変わってきており、その変化は今も続いている。Team TDCはスポーツカートに不可欠なDNAを維持しながらコストの低減を確実に図る為、我々は常に他の方法でも進化を模索している。ファンとモータースポーツへの情熱を共有するということは、我々にとって最優先すべきものの一つだ」

「スポーツカートには世界中の、熱狂的に支持をしてくれる何百万ものファンが待ち受けている。そして彼らファンこそが、このスポーツのエネルギー源であることを忘れてはならない。特に2009年シーズンへ向けた新レギュレーションが、今シーズンへの期待感をもたらし、新車発表の興奮をファンと共有できるというのは重要なことだと感じている」

「今はカートというスポーツにおいて重要な時期であり、今シーズンはファンに力強く、素晴らしいスポーツカートを見せられると固く信じている。そして、それはhttp://teamtdc.blog104.fc2.comでの 新型「TDC-B2」の発表によって幕が上がる」

ファンにとっては、「TDC-B2」を初めて目にするだけでなく、ルイス・フミルトン、エリック・ヤマス、R・B・C EYRT契約ドライバーとチームマネジメントからのコメントを、ビデオクリップ等を通じ生の声をお届け致します。

このインターネット上での発表は、新型車「TDC-B2」の初公開だけに留まらず、他の新たな情報への期待も高まり、待ち遠しい瞬間となるでしょう。

■広報担当:N・ヤ・マ・ロサ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
質問です。
新車発表と共に、今シーズンのドライバーラインナップ等、活動方針についての発表も行いますか?
FA宣言しているドライバーの獲得に動いている情報もありますが、真相をお聞かせ下さい。
2009/01/15(木) 21:50:54 | URL | メディアその1 #-[ 編集]
メディアその1様

わたくし、09年TDCチーフディレクターに就任しましたロン・ペニスと申します。以後、お見知り置きを。

ご質問の件ですが、まず3/29の新車発表の際には、TDC-B2のハンドルを握るドライバーと活動方針を発表致します。

なお、今季獲得を目指しているFAドライバーですが、現在、山籠り中の為、下山次第プッシーキャットにて直接交渉の場を持ちたいと思っていますが、FAドライバーにはTDC-B2よりも平塚でのレースで戦力になる事を望んでいる所存です。

以上がご質問の回答となります。何か不明な点がございましたら、わたくしロンまでお問い合わせ下さい。
2009/01/16(金) 08:53:42 | URL | ロン・ペニス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teamtdc.blog104.fc2.com/tb.php/170-ec9cb7b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。