Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Driver's Column- L.Fumilton「優しさは誰の為?」
好評のドライバーズコラムですが、第2回に予定していましたルイス・フミルトン選手から原稿を頂きましたので掲載したいと思います

タイトル:「優しさは誰の為?」

皆様、お元気ですか?ご無沙汰しておりますフミルトンです。もうすぐD杯最終戦ですね。残念ながらTDCは、今季の目標には遠く及びませんでしたが、来年に繋げる為にも、ヤマス共々最終戦頑張りたいと思います! Tackyにもトロフィーをプレゼントしたいしポディウムには、絶対あがりたいですね!!

おっと今日は、コラムのコーナーでしたねwそれでは、木村太郎ばりに語ってみたいとおもいます。僕の好きなミスチルの「優しい歌」、そしてヤマスの代表曲ブルーハーツの「人にやさしく」、今回は優しさをテーマに語ります。さっそくですが優しさとは大きく分けて3つあると思います。一つ目は、人間同士の優しさ。二つ目は、異性間での優しさ。最後三つ目は、特定の人に対してだけの優しさです。

まず一つ目の例としては、「道に迷って困っている人がいたら教えてあげる」、「電車で席を譲る」などです、二つ目の例は、僕もあまり得意ではないですが^^;「常に女性優先を心がける、云わばレディーファースト」、「寒いときに上着を貸してあげる」、「一緒に歩いてる女性がヒールなら、ゆっくりあるいてあげる」などかな、そして三つ目の例は、「誕生日を祝う」、「酔っ払ったヤマスを送り届ける」、「悩んでいる人の相談にのる」という所でしょうか。

いずれの優しさも共通している事があります。みなさんわかりますか?

そうですね、「優しは自分の為でなく誰かの為に、そして損得なしに行う心遣い」です。

まぁそんな感じで優しさには、3種類あるといいましたが、世の中には何れにもあてはまらない優しさも存在します。それは、自分が得をする為や自身を守る為だけに使う偽善の優しさです。そんな優しさを使う人がいると気づいたのは、すっかりアソコにも毛が生え大人になった、ここ数年だったりします。

当然ですが、そういう人とはお付き合いしたくないです。そして、本人は気付いていないのかもしれませんが、バレバレなんですよねぇ。。。

皆様方の優しさはどうですか?でも、TDCのページを見て頂いてる方に、偽善の優しさを使う人はいらっしゃらないと思いますので心配ご無用ですね。もし、思いあたるようなら心のバグ修正してみませんか!?

ちょっとエラそうに書いてしまいましたが、そんな自分も、今日帰宅したら、いつも以上にかみさんに優しくしたいと思いますww 気持ち悪いと言われるか何か悪い事でもしたのかと疑われるかもしれませんがね(爆)

チャオー by フミルトン

第3回は、最初に戻りエリック・ヤマス選手の予定です

■編集 ヤ・マ・ロサ広報担当
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アフターに誘うのは、どの優しさになるのでしょうか?それにしても飯代やら1クマですまないタクシー代を渡したりと費用対効果の少ない優しさですね

あっそれが見返りを求める優しさ!?いやっこれは下心でしょうw
2008/11/21(金) 17:00:06 | URL | ヘイキ・イラナイネン #-[ 編集]
え~と、それは優しさや下心じゃなくて、男の欲望じゃない(笑)

ところで、記事には書かなかったけど、バグじゃなくて仕様の場合もあり、その時はアボンだねww
2008/11/21(金) 18:34:52 | URL | フミルトン #-[ 編集]
ヤマスは、いつものことだがフミルトンにもヘンな文才があるとはな・・・ダテにアイコラされないだけあるな。まぁ偽りの優しさを含めて四つか?まだまだ若いな。オレらの領域になると、もっとスパイラルな優しさがあるのだが、かったら教えてやるかなw問題児に雨降らさないよういっとけよ!!

2008/11/21(金) 22:32:06 | URL | 来年青? #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teamtdc.blog104.fc2.com/tb.php/157-ba2f0ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。