Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TDC危うし強敵チーム現る!!
7/10(木)とある情報筋から、平塚某ワークスチームがサーキット秋ヶ瀬で非公開練習走行を行うとの情報を得て、かなり極秘に取材に行ってまいりました。今回の取材の為、Team-TDC1に口の軽いと思われる、ヤマス選手の公式ページも前日から工作を行い(前日の7/9と当日である7/10の更新時間を明らかに普段と違くして本人曰くフェイントとの事)極秘取材を行うという、前代未聞のレポートとなりました

今回、某ワークスチームの秋ヶ瀬での練習走行が、何を意味しているのかは流石に探る事が出来ませんでしたが、今回使われたマシンは、以前にTDCメンバーも乗った事と思われる、GC-B200Xモデルで、本番レースでは使われる車両では無いものの、秋ヶ瀬でのドライバーとしての技量を測るには最適なマシンでの走行となりました

実際の練習走行に関するレポートですが、ワークスチームとの自主NDAもあるので多くは語れないですが、異次元の29秒6を叩き出し、取材している私自身も暫し呆然状態となりました

本日の取材を終えて、練習走行の内容と結果をヤマス選手に伝えた所、以下のようなコメントを頂きました

【ヤマス選手コメント】

「う~ん、お前の取材もあてにならないけど、それが本当だと仮定してコメントすると、レース生活の中で、初めて負けたかもね。言い方を変えると驚いたと思ったのは2回目!!それは昨年のSUPER GT第1戦のスーパーラップで、ARTA伊藤大輔が出したタイムね。あれも、異次元だったけど今回のタイムの方がリアルで驚きだよ。通常であれば、ウェイトやマシン及びコースコンディションもろもろ考慮して甲乙を付ける所だけど、それを踏まえても29秒6は、自分のイメトレのタイムも軽く超えてしまっているし、TDCとしても大問題。来期コンストラクターズタイトルを狙っているTDCとしては、今日のワークス勢の練習結果は、あまりにも衝撃的。ただ、言い方を変えると、自分自身もTDC-B2009の開発に向けて準備しなければいけないと真剣に思った次第だよ」

以上、ヤマス選手のコメントですが、今回のワークスのテスト結果は、タキベルク選手兼CEO及びフミルトン選手もかなり重く見ており、近々TDCミーティングを行い、今後の対策案を定めるとの話も聞いています

いずれにしても、某ワークスチームの今日のテストが、Team-TDCの来期に向けて、大きく変わる切欠になったのは、言うまでもないと思われます

■取材担当:ヤ・マ・ロサ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teamtdc.blog104.fc2.com/tb.php/125-d502327c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。