Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【2008 EYRT 公開練習 - 大井松田KL / F1ドリーム平塚】
本日は、エリック・ヤマス選手が急遽、大井松田カートランド(神奈川県足柄上郡)で、公開練習を行うという事で、TDC専属記者であるヤ・マ・ロサが、何故か今回も取材に行く事となりました。12:00から1時間の走行という事で、15分前にコースに到着したのですが、ヤマス選手は、これから1時間走るというのに、ガッツリ食事をしており、大丈夫なのだろうかと思いながらも、なんとか始まった公開練習でした

流石に当日の朝、急遽、公開練習のスケジュールを発表したという事もあり、EYRTはもとよりTDCのコアなファンも1名もいないという非常に寂しい練習走行でもありましたが、天候は、めずらしく晴天となり、日頃の行いが悪い上に雨男であるヤマス選手の練習日としては、非常に良いコンディションだったと思います

【大井松田カートランド - 練習走行後のコメント】

「えっ?1時間で105周しか出来なかったの?SSRTのコーウェン選手だったら112周は出来るよね?まぁ今日の天候で、直前までガッツリ飯食べているにも関わらず、1時間の走行時間中、一度も休まず走り続けられたのは、体力面で見ればOKかなっ!?ただ、耐久は出ないから関係ないんだけどね(苦笑)で、走りの方だけど、80点。先週土曜日のT4での練習結果が、心底悔しかったので、それから昨日まで、ずっとバーチャルトレーニングの際も大井をイメージして走ってたのが、間違えでなかったのが分かって良かったよ。実際、走り方も変えたしね。ベストタイム自体は、32秒603と、全然大した事ないけど、こういう走り方をしたから、こういう状態になって、結果このタイムが出たというのが明確に分かっているのが大きい。だから105周のラップ表の全周のタイムを見て、どういう走りでこのタイムになったのか思いだせるよ。今までは、なんでこのタイムになるのか、全然分からなかったからね(笑)あとは、レース本番に常連さんの速いゴーストでアジャストする事にするよ」

その後、TDCの練習として、F1ドリーム平塚(神奈川県平塚市)に移動。その際、途中の一般道の山道で、あまりの疲れの為、ゆっくり走っていたヤマス選手。しかし、ドキュソカー様にぴったり後ろに付かれて、カチンときたあまり、本気のような走りをしてみたら、後ろのドキュソカー様が全然見えなくなり、どこかのコーナーで事故ってしまったんでないだろうかと心配するヤマス選手、意外に優しい一面も見られたF1ドリーム平塚での公開練習となりました

さて、練習走行のレポートですが、Fドリでは、精力的に100周を走行
流石に平日の早い時間での練習走行という事もあり、ワークスドライバーは一人もおらず、タイムに関しては、比較しようがないのですが、この時期と今日のコンディションを考えると、まずまずだったのはないでしょうか

【F1ドリーム平塚 - 練習走行後のコメント】

「大井で1時間走りきったのもあり、余裕をもってホームコースでドライブ出来たよねっ。だから、普段ではやろうとも思わない事が試せたよ。で、真面目な話をすると、次戦のD杯は、TDCは表彰台マスト!!そうした時に、いくつもの大きな壁(チーム)に勝っていかなければいけないのだけど、(ヤマス選手)個人で考えた時に、まずはエースに勝たなければいけないのではと思ったんだよね。FNでもGTでも、同じチームでコンペティティブにやっている所は活気があるし結果もだしているよね!?タキベルク監督含めてフミルトンには、秋ヶ瀬の方で結果だしてもらいたいのもあるので、平塚は自分がエースぐらいの意気込みで次戦まで走り込んでいくつもりだよ。ただ、今日の走行だけど、最後10回目走行の時は、首がやばかったね。手の甲の皮も向けて、かなり痛かったし。いずれにしても、次回の(大井の)レンタルカートフェスタ スプリント、(平塚の)D杯は、リアルに楽しみだよ」

結局、大井松田と平塚で205周走りこんだヤマス選手ですが、正直に申しますとヒキました
レースでもないのに、レンタルで1日に205周は、おかしいのではないでしょうか!?
とりあえず、EYRTに関しての取材は、これ以降止めようと思います

【インサイドストーリー】

大井から平塚までの移動中のドキュソカー様とのバトルとも呼べないバトル。結局、土屋橋のT字で信号待ちしていたら、そんな事もあったっけ?ぐらいに忘れた頃にドキュソカー様がやってきて、その後、車間をあけながら、ばつが悪そうに下大槻の方に曲がっていってしまいました。それを見てGT-Rはナメても、EYRTとTDCはナメていけないと思った次第です

取材担当:ヤ・マ・ロサ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teamtdc.blog104.fc2.com/tb.php/124-edd1d6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。