Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レジェンドヤマスのドライビング講座③
こんにちはヤマスです。

3回目はアクセス操作についてです。

モータースポーツというのは、言うまでなくエンジンという動力を発生させる装置を搭載した車両で、如何に他車よりもゴール地点へ到達させるか競う競技です。

その中でアクセル操作というのは、車両自身を前へ押進める為の直結した操作になり、単純に考えてもアクセルを開けてコース上で如何に全開の状態を長く保つかが、ゴールなり目標地点へ早く到達することになります。

しかしながら、ドラッグレースやオーバルコースでのレースとは違いロードコースで走ることを前提にした場合、時にアクセルを開けること自体がマシンを前へ押進めることの抵抗になって、結果1周全体なり特定の区間タイムを落とすことになるケースがあります。

でも、不思議ですよね!?

壊れている場合を除きアクセルを踏めば必ずエンジンの出力は上がり車両のスピードも上がるのにタイムが遅くなるって。

実は、この理由が分かっている人=適切なアクセル操作が出来るドライバーという事になります。

この理由を物理的な視点で論理的に説明すると凄い難しい話になりヤマス自身も説明出来ません。でも、この理由を理解するのに凄い難しい計算式など不要です。

意識するのは、この2点です。

「エンジンの動力が伝わったタイヤへの転がり抵抗」と「コーナーリングスピードの限界」です。

まず一つ目ですが、アクセルを踏んでエンジンの出力を上げると、色々な駆動系装置を伝わって最終的にタイヤを転がすという働きになります。なので単純に考えるとアクセルを踏めばタイヤの回転は早くなり(ギアなどは考慮しません)結果車両のスピードも上がるのですが、当然タイヤのグリップや路面の状態で限界は必ずあります。

ここで分かり易い例を一つあげると、F1のスタートでホイルスピンしている車と殆どホイルスピンさせずスタートしたマシンのどちらが、1コーナーまでの到達時間が短いでしょうか!?

答えは、ホイルスピンさせてないマシンですね。理由は、ホイルスピンさせているマシンはタイヤの回転数こそホイルスピンさせてないマシンより早いものの、タイヤを介したエンジンの動力が路面に伝わってない為です。

タイヤの転がり抵抗の世界でいう「摩擦によるエネルギー損失」をしている状態です。

もう、お分かりでしょうか!?

分かり易い例としてF1でのスタートを挙げましたが、マシンやコースが何であるにしろタイヤへ摩擦によるエネルギー損失を発生させると前へ押進めることの抵抗となります。

これが、冒頭書いた「時にアクセルを開けること自体がマシンを前へ押進めることの抵抗」にあるという意味です。

で、この状態というのは0ストップからアクセルを開けた時以外にも発生しており、タイヤへの摩擦によるエネルギー損失を如何に少なくさせるのが、ベストなアクセル操作であるかという事になります。

では、具体的にタイヤへの摩擦によるエネルギー損失を少なくさせる為のアクセル操作とは何でしょうか?

答えは、アクセルを開けている時にタイヤがスリップしている(グリップの限界を超えている)状態を感じとるかにかかっています。

これは、お尻のセンサーやタイヤからの音、車体の挙動などから感じとるしかないのと、もしタイヤへのエネルギー損失を感じたらアクセルを全閉するのではなく、ギリギリのところまで戻して(これが最適なアクセルパーシャルの状態)あげれば良いのです。

そして二つ目の「コーナーリングスピードの限界」ですが、これも物理学的には一つ目にも繋がるのですがマインドの問題になります。

例えば、富士スピードウェイの100RでGT500がコーナーを旋回出来るスピードは決まっています。実際の旋回スピードはコーナー侵入時の到達スピードやマシン性能や路面状態、それこそ風向きや風速で変わってきますので何キロとは言えませんが、ここで強調したいのは限界スピードは決まっており、例えドライバーが誰であっても限界スピードを超えた速度で旋回(言い方を変えるとアクセルを開けることは)出来ないということです。

この話は、中高速コーナーで当てはまることが多いと思いますが、コーナーリング中"気合"でアクセルを開けようと(考えを)するドライバーがいます。

偶に鈴鹿の130Rとかでアクセル開けすぎて飛び出すシーンがありますが、アクセルを開けて曲がれるスピードの限界は常にある為、早く走ることが目的ならばアクセルを戻して車速を調整する必要があるということです。

もしくは、アクセル操作ではないですがブレーキをあてて車両の姿勢を整えるというのも場合によっては有効です。

以上なのですが、アクセル操作には今回挙げた点以外にもテクニックはあります、例えばエンジンの回転数を落としたくないが為のセナ足やカートでも湿式のクラッチの場合のアクセル開度のタイミングなど、これは興味があれば個々で身に付けて貰えればと思います。

最後にアクセル操作を鍛えるのに一番の有効な練習は、グリップの低いタイヤやウェットコンディションでの走り込です。

特にウェットコンディションでは、駄目なアクセル操作はスピンの原因になったりと顕著に出ます。

以上です。

次回は、ステアリング操作についてです。
スポンサーサイト
レジェンドヤマスのドライビング講座②
こんにちはヤマスです。

1回目から少し間が開いてしまいましたが2回目です。

いきなり問から入りますが、モータースポーツにおけるブレーキングをする目的が何か分かりますでしょうか!?

ここでいうのは、モータースポーツの走りにおけるコース上のブレーキングなのでピットで止まる為とか危険回避の為、というのは違います。

正解は大きく3つあります。2回目では、その中での二つを取り上げてみたいと思います。

で、いきなり間違いは切り落としておきますが、答えが「減速では!?」と思っているようでは絶対にモータースポーツにおけるベストのブレーキングは出来ません。

確かにブレーキべダルを踏むと車速に対して減速の効果は生まれますが目的は減速ではないのです。

先に答えをいうとプレーキングを行うということは、その次に直線以外のコーナーなりセクションが必ずあります。

まず一つ目の答えというか目的は「次のセクションを速く走る為に車速を調整する事」になります。

初心者の多くは、「次にコーナー(直線以外のレイアウト)があるから(曲がりきれないから)減速するんでしょ!?」というマインドでブレーキングをしており、云わば一般道にて交差点で曲がる時同様にブレーキをしているが為、モータースポーツにおける適切なブレーキが出来ないんです。

あと、初心者にありがちの間違ったブレーキングテクニックの考え方に、「どこでブレーキをかけるか」という事。

これは声を大にして「間違えです」と言いたい点です。

ブレーキングの際に考慮しなければいけない要素として、「天候・路面・タイヤ・パッド&ロータ・車重・侵入速度」等があります。

この中で車重以外は、大小あるものの都度変化します。云わば、マシンやコースを問わずベストなブレーキングポイントというのは都度変わってくるという事です。

当然、ある程度の目安ポイントはあります。例えば、富士スピードウェイの1コーナーでマシンがGT500マシンならブレーキングポイントは大よそXXXmの看板付近とかの目安はありますが、その中の微妙な差というのは正にドライバーがブレーキングの際に必要な要素を感じながら(考慮して)ブレーキペダルを踏んでいるんです。

で、プロやある程度ブレーキングを理解しているドライバーというのは、ブレーキングしながら如何に次のコーナーやセクションの通過スピードを上げ且つアクセルを踏み込んだ時に速い立ち上がりが出来るか!?車速を伸ばせるか!?ということを意識しながら車速を調整しているのです。

では、ブレーキングの目的の二つ目になります。

ドラッグレースやオーバルでのレースならともかく、ロードコースの走行ではステアリングを急に切ったり大きく切って曲がるという仕事が発生します。

そして、その曲がるという仕事を発生させるのがフロントタイヤになります。

今回はタイヤの話ではないので、この部分は割愛しますがタイヤに一番良い仕事をさせる為にはタイヤに荷重をかける事です。

そして、0ストップな状態以外でフロントタイヤに荷重をかける為の一番の動作がブレーキングになります。

二つ目の答えは非常にシンプルで、早く車の向きを変える為にはフロントタイヤにベストな仕事をさせることで、そのフロントタイヤにベストな仕事をさせる為には、ブレーキングという動作が重要になってきます。

では、自分が曲がりたいときに強くブレーキを踏めば良いのか!?というと、それは間違いでタイヤがロックしてしまったら意味がないので、ブレーキングにてタイヤがロックするギリギリの踏力で操作させることがベストなブレーキングの世界でのテクニックとなります。

レジェンドヤマスのドライビング講座の2回目を総括すると、今回挙げたブレーキングの目的2つを理解するとブレーキする目的が「減速」ではないと思うはずです。

確かに、効果は減速ですが目的は如何に1周を早く走る為に必要な車速に調整し、且つマシンを進めるべき方向に早く向かせるかということで、このブレーキングのマインドを変えるだけで「ブレーキ=減速では無い」と思うはずです。

次回は、アクセル操作についてです。
心配していた事が起きてしまった。
心配していた事が、日本でおきてしまいました。

カ◯ギの人には関係ありませんが。

噂には聞いていましたが、まさかこのタイミングで行われるとは。

裏の仕事を本気でやらないとマズイようです。

暫く表の活動は自粛します。
レジェンドヤマスのドライビング講座①
こんにちはヤマスです。

特に誰も記事をアップしないのと金曜夕方の暇っぷりに、カートチームのブログらしい更新をしたいと思います。

さて、先日Fドリーム平塚のレースにて奇跡の復活優勝を遂げたヤマスですが、それには幾つかの理由があります。

それは、例えばで「パートナー」あったり「運」であったり、ちなってぃを想像した「妄想」であったり挙げると幾つかありますが、今回は上記で挙げたことではなくタイトルにもあるようにドライビング講座ということで、テクニックという理論的な部分に触れて説明していきたいと思います。

さっそく章に入りたいと思いますが、先日のレースでReebal Cafe GP(以下RBC)以外のチームやドライバーは、まさかRBCが優勝すると予測していた人は居なかったと思います。

その理由はなんだったと思いますか?

当然幾つかあると思いますが、一番大きなところで「最近走ってないから、練習していないから」ではないでしょうか!?

確かに、そう思うのは当然です。練習している人と練習していない人で後者の方が優位になるスポーツなんてないですし、結果や成果を出す為のプロセスが練習だからです。

でも、先日のレースで優勝した理由に「運転技術」云わば「ドライビングテクニック」によって結果をもたらしたのは、誰も否定出来ないと思います。

でも、おかしいですよね!?

最近走ってもなければ練習もしていないのにテクニックが反映されるなんて。

実は、モータースポーツ(ここでは四輪)というのは日々の反復練習だけではどうにもならない技術が要求されるスポーツの一つなんです。言い方を変えると、少し残念にも思えますが、体力を使った練習をやったらやっただけ向上するスポーツではないというのが言えます。

ここで、一旦モースポーツで必要な基本的な要素をあげてみたいと思います。

まず、車、コース。あとは!?

と聞いてますが、ゲームであればこの二つです。ゲームであれば、与えられた車をコースのレコードラインをなぞって、決められた箇所で決められた量だけブレーキングしたりステアリング操作すればOKです。

しかし、これがゲームでなければ、

天気、気温、路面コンディション、車の状態(タイヤ、ブレーキ、エンジン)が加わり、ゲームのように同じ箇所だけを走って操作をしていれば早く走れるというものではないのは想像出来ると思います。

では、これらの要素を踏まえて速く走るにはどうすれば良いのでしょうか?

第1回目にして核心をついてきていますが「己のドライビング理論を確立させろ」という事です。

モータースポーツは車という道具を人間が操って行うスポーツです。その為、常に操作というテクニックが求められる競技になりますが、当然この操作にも「正しい操作」と「間違った操作」があります。

一般的に、正しい操作をする人を上手い人。間違った操作をする人を表現は幾つかありますが下手であったり練習不足と言っています。

でも、この操作というのは上手いにしろ下手にしろ根底にあるのは、操作をする人の考え方が大きく影響しており、この考え方こそがドライビング理論なのです。

次回は、ブレーキングを例にしてドライビング理論について説いてみたいと思います。
ドリーム耐久第4戦 Reebal Cafe GP レース後コメント
【ヒデ・ユウヂ選手】

休み最後の日なのに、め~んど~うくさい。

フミルトンと一緒に出れなかったのは残念だったけど、久しぶりカートにも乗れて楽しかったです。
相変わらずヤマスがやったんだけど(※この部分は削除させて頂きました)

それにしても、まだ左半身にかけて筋肉痛が残ってるし過酷なレースだった。

【モト・ヤマス(元自称レーシングドライバー)】

う~んそうだねぇ。(レース)直前まで(フミルトン選手をあわせた)3人で出るつもりだったから、単純に人数が減ったことよりも心の支えであったエースが居なくなったのと、結果急遽スーパーラップを担当することになり頭の中を整理するに戸惑ったかな。

でも、昨シーズンから幾つかのレースに出て、エース的なパフォーマンスを求めらえることもあったこともあったんで、その事を思いだし気負いすることなく頭を切りかえれたよ。

今回の優勝という結果は、病床で呪いを抑えてくれていたフミルトンの陰陽師としての仕事と、コース上で二人のドライバーとチームマネージャがベストの仕事をした結果だと思うよ。

【イノウエ・タカチフ チームマネージャ】

優勝おめでとうございま~す♪とありがとうウサギ~♪

本当は上から涼みながら観ている予定でしたが、フミイちゃんが出れなくなったこともありサポートさせて頂きましたが、参加された皆様方暑い中お疲れ様でした~

それでフミイちゃんの代わりに出ようかと思い浮かんだのですが止めてよかったですねぇ。

レースをみていても女性には辛そうなコースと暑さでしたね。でも、涼しくなっている最終戦には誰かと出てみようかしら(絵文字は削除しました)
緊急会見(フミルトン)
「先ずは、チームの優勝におめでとうと言いたいね。D杯シリーズ2位のメンバーが本気出すと勝っちゃうのかね?それとも僕がイノロを背負ったから??
ってのは冗談で、やはりヤマスとユウヂの速さが証明されたね。
本当におめでとう!
個人的には参戦出来なくて悔しいよ。実は予兆はあったんだよね。連日の金縛りや背後の気配などこの時期にたまにあるんだけど、今年は特別だったね。でも、もう大丈夫さ。彼らの優勝報告を聞いて全てが繋がったんだ。
必然だったと。
体調も戻ったのでシリーズ戦への影響は全くないと確信しているよ。

え?再結成はあるかって??

何かしらのイベントでスケジュールが合えば、今日のお詫びも兼ねてレースをしたいね。
ファンも望んでいると思うので前向きに検討するよ。」
ドリーム耐久第4戦 Reebal Cafe GP 事前コメント
※各個人のメールから転記しておりますが、感嘆符や音符等はドライバーのキャラを考え味付けしてます。

【ヒデ・ユウジ選手】

え~いいよ別に。なんかめ~んど~くさ~い。

今回のコースレイアウトは、まっちゃんのブログにも書いてあるけど、インフィールドは見た目に騙されないほうがいいと思ったのと、重量級ので~う~の見せどころだと信じているので楽しみかな。

【ルイス・フミルトン選手】

今回のレースは、で~ひ~様(ヒデ・ユウジ選手)の呼びかけで実現したんですが、久しぶりのRBC GPということでな~にかイロエロありそうで楽しみです!!!!ドリーム耐久ははじめてなんですが、D杯ドライバーとして恥ずかしい走りとかするとクマ監督に「なにやってんだぁ~」とお叱りをうけちゃうかもしれないので緊張感もってがんばります!!

参加される方々、お手柔らかにお願い致します。

チャオ~♪

【モト・ヤマス】

う~ん、そうだねぇ。現役を引退したのが昨年暮れ。ミハエルみてても一度引退したドライバーが本気組に入っちゃいけなんだよ。でもね今回は違う。日本一心のReebal Cafe GP復活だから、レースを楽しむというのが一番だけど現役ドライバーであったり沢山練習しているドライバーにどこまで喰いついていけるか試したいのもあるかな。

場合によっては現役復帰も考えたい。

【イノウエ・タカチフ チームマネージャ】

急になつかしいキャラ振られてもビックリで何コメントしてよいのか^^;当日は上で応援しているだけのつもりなので頑張ってくださいね~師匠も間に合ったら応援にくるそうです。
急募!!Fドリーム平塚 ドリーム耐久 ドライバー募集
■開催概要

日時: 2011年8月14日(日)

レース名:N35ドリーム耐久レース第4戦

■募集要項

年齢:保護者不要の20歳以上

性別:問わず

資格:Fドリーム平塚のN35で31秒台を出したことのある人

募集人数:1~3名まで

エントランス名:EYRT

監督:エリック・ヤマス

1stドライバ:エリック・ヤマス

■その他

レース後に焼肉やカラオケによる打ち上げがあります。費用は割り勘です。

■応募方法

コメント欄にニックネームを書いて頂ければ、こちらから何とかコンタクトを取ります。
メイクの必要性
こんにちは、エリック・ヤマスです。

日本一心TDC復活を目指す為に、まめに当ブログを更新しようと思いますが、如何せんカートネタがありません。

さて、今朝電車の中で一人の女性が化粧をしていました。電車の中での迷惑行為の一つに車内での化粧となりますが、個人的には迷惑行為の中では一番許せるというか理解できる行為です。

一番は電車の中でなく自宅で済ませてくる事ですが意外と時間がかかりますし、特に朝は1分1秒が大事ですから移動中に行ってしまう気持ちも分からなくもありません。

一方、世の中にはノーメイクで普通に外で行動している女性達もいます(健康上の理由で化粧が出来ない人たちは除きます)

正直、女優やモデルでもノーメイクで、凄い綺麗で凄い可愛いという女性はそうそう居ません。ちなってぃでも多分NGだと思います。

でも、冒頭書いた通り電車の中で化粧をする人達もそうですが、何故かノーメイクで外に出歩ける人が多い事に男性としてビックリします。

もし、今の男性としても視点を持ったまま女性になったとしたら、とてもノーメイクで外を出歩くことなんて恥ずかしくて出来ません。

分かり易くいうと、額にマジックで「肉」と書いて出歩くようなものです。

それ故に電車の中で化粧をする行為を理解出来るというのは、時間的制約により移動中にせざろうえないという以外に、額に「肉」と書いたまま電車に乗ってろというもので、それはいくらなんでも酷でないでしょうか!?

それなら、一概に化粧を車内での迷惑行為とするのではなく、「見れたもんじゃないからメイクアップは~や~く~」ぐらいで良いかと思います。

まぁ、それにしても終日ノーメイクで自宅外で生活する女性というのは、スッピンの自分が余程可愛く化粧したら芸能人やモデル並に美人だと自負しているのでしょうね。e.g.,CHOKUSHI

そうでないと、ノーメイクでいられる理由が男性の自分には分かりません。

アディオ~ス♪
釈迦か聖母マリアぐらいかと・・・
こんにちは、このブログへ久しぶり記事をアップしてみますエリック・ヤマスです。

本当は「僕の夢」というタイトルで書いてみようと思ったのですが、無さ過ぎて黄金1行で終わってしまいました。

なので、別の内容を。

自分は、かなりの面倒くさがり屋です。屋と付いていますが商売はしていません。あと、人にあれこれ指図されるのを極端に嫌います。ちなみに仕事はお金を貰っているので別です。

で、人から指図ですが実際にされると、どうなるかというと・・・結局は面倒くさい状態になります。あと、一気にやる気がうせます。これが原因で、ステディな関係の異性と別れたことも数回あったり(全部か!?)

最近は、口に出すか心で思っているかは別ですが、「め~んど~うくさ~い♪」と呟いたりしてますね。

だって、実際面倒くさいものは面倒くさいんですもん。

はい、みんなで「め~んど~うくさ~い♪」

ちなみに、昔は異性絡みでは何か地雷踏んでも色々フォローアップしたりもしてたんですが、段々免疫力も付いてきた30代になると怒ってるなら勝手に起こってろや○ス○ケ状態になってしまいました。○ス○ケはいらなかったですね。。。

なので、奥さんが出て行ってしまい旦那が実家まで謝りにって戻ってきてもらったとかいう話もありますが、悪い事をしたら謝るべきですが、それで許して貰えなければそれでいいし帰ってきたくなかったらご自由にというのがヤマスの考えになります。

だって、それ以上は「め~んど~うくさ~い♪」

じゃあ、この面倒くさがり屋の暖簾を閉めれば何か変わるのかなぁとも考えてみたのですが・・・とても女性にモテるとも思わないし今よりも開けた人生があるとも思いません。

一回どっかの寺で精神修行でもして叩き直さないと駄目か、もしかしたら面倒くさがり屋は直らないかもしれませんね。
住職に「末期の面倒くさがり屋です」と烙印を押されるかも。

アディオ~ス♪
個人ブログには敢えてかきません
こんばんは。ルイスです。

過去の栄光とは言いますが、僕は平塚のあの時代が懐かしいです。
6☆
く枕連
\$風韻
玄人絵布
護る
丼亀
etc...

こんな中にプライベーターであるTDCが闘いを挑んでいたと思うと、ワクワクしないわけないですよね。

そう思っていると、
D杯で闘っている他チームの人からもあの時楽しかったよね!って言われたくなります。

だからこそ、目の前のレースを全力で走る。

僕の根底にはこんな気持ちが流れています。

所詮、シロウトのお遊び。

でも、でも、D杯だけはそれ以上の何かがあると思っています。

年齢問わず、平均体重だけのガチレース。
特に今年から導入された最低スティント15/120分が面白い!

だからこそ、僕はD杯に本気で臨んでいます。
おそらく、クマ監督もそうでしょう。
ミチタニーさんもそうでしょう。

残り3戦。

勝ちに行きます!!

チャオ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。