Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年 ダンロップ杯耐久 開幕戦
今シーズンから、N・ヤ・マ・ロサ氏に変わり広報を担当させて頂きます丼上隆智不です。早速ですが、絶好の天候の中4/26大安である今日、Fドリーム平塚で行われたダンロップ杯耐久開幕戦のレポートに行って参りました。

レースは、ルイス・フミルトン選手のSUPER LAPをはじめ、今シーズンから加入したヒデ・ユウヂ選手の巧みの走り、初の監督兼ドライバーのモト・ヤマス選手のクレバーな走りが光った1戦となりました。

結果は、3番手グリッドからトップチームの脱落もありまして、今年からメインスポンサーが変わりチーム名がReeBAL Cafe GPとなったTeam TDCが、2位フィニッシュをし初の表彰台となりました。

レース後に、メインスポンサーであるReeBAL Cafe代表であるニコ・タキベルク氏とReeBAL Cafe GPのメンバーにコメントを頂いてきました。

【ニコ・タキベルク代表】

「今回は、マシンのバランスを考えてKERSの搭載は見送ったけど、皆マシンの特性を理解しポテンシャルを最大限に引き出してくれたね 。どこかでKERSを搭載し直線で楽させてあげたいね。ヤマスが今シーズン5位の可能性が無くなったらスポンサーを打ち切って良いと、メインスポンサーであるウチに言ってきた時には、オイオイ大丈夫か?と思ったが、今日と同じ走りをすれば十分モテギには行けそうだね。」

【ヒデ・ユウヂ選手】

「まずは、当初から考えていたチームどん亀での運営出来ず多くのチーム並びにFドリーム平塚に多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。そんな中でかつてより友好的に、またコラボレーションを考えていてくれたTDCこと、ReeBAL Cafe GPとして一緒に走れることに大変感謝してます。

予選のルイスは冷静かつ思い切ったアタックで、今日のレースで流れを作る一番の走りをしてくれましたね。決勝に関しても完璧で、エースとして最高のポテンシャルを発揮してくれました。モト・ヤマスも走行は勿論のこと、レースをしっかりコントロールしチームの士気を上げてくれました。今日のマシンは挙動を安定させるのが難しく、自分の納得いく走りでありませんでした。しかし最低限の走りでも繋いで行くことが自分の仕事。

今日の結果は今シーズンのD杯を戦う上で、何の不安もなく柔軟に展開を作り出せるという自信がつきました。そういった意味でも最高の結果だったんじゃないかな。でも、最高のサポートは嫁かな。」

【ルイス・フミルトン選手】

「今日は、全てのタスクと選択が良い方向に転がって良かったよ。マシンは、コン ペティティブとまでは行かなかったけど、ファクトリーやピットも含めてチーム全員でマシンの長所を上手く使ってあげたこどがこの結果を呼んだんだ。感謝しきれないよ。

今夜は、ジェシカに祝砲をかます予定さ!!」

【モト・ヤマス監督兼ドライバー】

「1ドライバーとしては、速さに拘りたいところもあるけど、昨シーズン(D杯で)そんな走りしてたら一発のタイムはルイスに勝つ事があってもチームとしての結果は、散々だったからね。速さは、通常のレンタル走行とSBで十分じゃないかな(笑)

初の監督業だったけど、上位カテゴリーのレースを繰り返しみて勉強した。ただ、今日の結果は、自分の手腕というより自分以外の二人のドライバーとピット来てくれたサポーターのお陰だよ。

え?明日ホームコース!?ん~行くんじゃないかなぁ(爆)」

■広報担当: 丼上隆智不
スポンサーサイト
ReeBAL Cafe GP 2009年体制発表 - 最終版
代表: ニコ・タキベルク

監督: モト・ヤマス

エグゼクティブアドバイザー: アラン・パンスト

オペレータ: ジャンカルロ・フジケラ
 
1stドライバー: ルイス・フミルトン
2ndドライバー: モト・ヤマス
3rdドライバー: ヒデ・ユウヂ

【ごあいさつ】

代表: ニコ・タキベルク

とりあえず、ドライバーが確定し安心しました。今シーズンのReeBAL Cafeの活動はFドリーム平塚ダンロップ杯とスポーツカートで行われるAS杯に絞り、ふたつのカテゴリーでがんばって行きたいと思います。ダンロップ杯は昨年同様フミルトン / ヤマス組に加えて、速さと安定感を兼ね揃えたヒデ・ユウヂ選手が加入、3年目の今年は成果を出してくれると思います。AS杯はD杯同様にフミルトン / ヤマス組。開発テストドライバーにレギュラードライバー以上のパフォーマンスを持つキミ・メカコネン氏(TDC技術藤沢研究所:所長兼務)を迎い入れることが出来ました。不況の中でレース界も大変ですが、ReeBAL Cafeではそれを吹き飛ばすような活躍をしたいと思っています。

ヒデ・ユウヂ選手

初めてのReeBAL Cafeからの参戦となりますが、フミルトンとヤマスとは他のレースで同じチームになった事もあり不安はありません。そしてシーズンが終わった時に自分の成長を感じられるようシーズンにしたいです。フミルトン、ヤマスと力を合わせ、最高の結果を獲れるように、全戦全力で頑張ります。応援宜しくお願いします!

ルイス・フミルトン選手

今シーズンもTDCであるReeBALから継続参戦します。チャンスを頂いたニコ・タキベルク代表をはじめ関係者の皆様には大変感謝しております。ヒデ・ユウヂ選手の加入は、急な話でビックリしましたが、プライベートでも良くして貰っているので、意気投合しやっていけると思います。

とにかく、チーム一丸となりシリーズチャンピオン獲得を目標に全力で頑張ります!!今シーズンも力強い応援を宜しくお願いいたします!!!!

モト・ヤマス選手

D杯に関しては、ヒデ・ユウヂ選手の加入で昨年からの懸念事項が消え、十分ワークス勢と戦える体制になったと思います。今年の自分の役割は十分分かっており、その為の練習をしてきました。来年のRKFは、ReeBAL Cafeで日曜日枠を走れるようチャンピオンシップ1戦1戦を大切に走っていきます!!

えっ?終わりって?今年は、多くを語る必要はないでしょ!?全部、走りで見せます!!

■広報担当: 丼上隆智不









【ReeBAL Cafe GP 公開テスト - Fドリーム平塚】
大会名称: 2009年 ReeBAL Cafe GP 公開テスト in Fドリーム平塚

開催日程: 2009年4月15日 16:00~ ※予定周回数150周

開催サーキット: Fドリーム平塚(神奈川県平塚市) / 正コース(480m)

主催: ReeBAL Café GP

公認: Team TDC

協賛: ヤマスコンピュータアカデミー (http://www.yamasu.co.jp/yca/)

エントリードライバー: ルイス・フミルトン

スケジュール:

16:00~ ウォームアップ
16:15~ ロングラン走行1回目
16:45~ SUPER LAP模擬走行
17:00~ ロングラン走行2回目
17:30~ ショートスティント走行

■広報担当: N・ヤ・マ・ロサ
【第1回TDCミーティングレポート】
昨日、ぢょんなむ氏の青春の故郷、高田馬場で行われた第1回TDCミーティングのレポートです。なお、公序良俗に反する為、40%程度の内容のしかアップする事が出来ません。ご了承下さいませ。

KC380298.jpg

19:30早稲田口に集合です。この日は、某大学のサークルの新人歓迎○交パーティが多くあった事もあり、凄まじい人の数です。

KC380297.jpg

一足先に来ていたヤマス選手は、2次会を行う場所を調査する為、駅周辺を探索。アッキーナどころか精々ギャル曽根クラスしかいない事を知り、意気消沈し1次会の店へと行きました。

KC380299.jpg

駅から徒歩5分の場所に、おもに亭はあります。なお、ここでのミーティングの内容は、あまりにも内容が過激の為、自主規制させて頂きます。ちなみに、アン君ネタ60%、エロネタ20%、カートネタ10%、口が裂けても言えないネタ10%といったところでしょうか。

KC380300.jpg

口直しのガムです。中は、マーブルガムのイチゴ味です。

KC380303.jpg

カブいている街に移動し2次会の店を探そうとするも、なかなか見つからず情報収集の為、暫しPウェーブ喫茶に。これで、モニターがあと2つぐらい増えたら完全にPウェーブ研究所ですね。

KC380069.jpg

そんな時は、伝家の宝刀。STUDIO H製渦巻きステッカーです。

KC380304.jpg

アウェイに場所を移します。途中、キ○チ女を買ってたリーマンがタイホーされてました。正に、警視庁24時の世界。

KC380305.jpg

有名なカラオケ747。

この後、伝説のアン君のお兄さんに出会い、ファイナルの店へと向かいました。もちろん、ここでの内容も書けません。

以上、第1回TDCミーティングでした。

■広報担当: N・ヤマロサ


【2009年第1回 TDCミーティング開催のお知らせ】
名称: 2009年 Team TDCミーティング春の陣

日程: 2009年4月10日 START 20:00~エンドレス

集合場所: 早稲田口改札19:30

場所: 焼肉おもに亭 高田馬場店
http://www.omonitei.com/

■アジェンダ

・オモニのキムチ注文 (担当: ヤマス)

・CEO挨拶及びReeBAL Cafeの業績発表 (担当: タッキーCEO)

・今期活動について (担当: フミルトン)

・各自アクティビティ報告 (担当: 全メンバー)
持ち時間10分

・アン君対応策の策定 (担当: ヤマス / フミルトン)

・STUDIO H製Pウェーブステッカー配布と使用方法について説明 (担当: ヤマス)

・メンバー個人ブログのポリシーについて (担当: ヤマス / フミルトン)

・二次会場所の策定 (iPHONEオペレータ: フミルトン / プロデューサ: ヤマス)
※1set 1万以下でアッキーナ似の娘が居る所を探す

以上。

なお、神奈川県ブロック協議会及びTDEメンバーの参加が可能となっておりますので奮ってご参加ください。

特に、嘗て高田馬場で遊んでいた方など大歓迎です。

■広報担当: N・ヤマロサ
【2009年ReeBAL Cafe GP体制発表】
今期は、ReeBAL Cafe GPとして参戦するTeam TDCが、2009年グローバルモータースポーツ体制を発表。

Team TDC(本社:埼玉県さいたま市浦和 社長:ニコ・タキベルク 以下、ReeBAL Cafe GP)は、4月6日AM、2009年度のグローバルモータースポーツの活動概要を発表した。

ReeBAL Cafe GPは、「ワクワクするドライビング」をファンの方々に提供する為に、モータースポーツ活動を事業の重要な一部と位置付け、本年もFドリーム平塚最高峰のチャンピオンシップであるダンロップ杯耐久をメインに取り組む。また、グラスルーツ活動支援の為、Fドリ以外のプライベートチームや他人を踏み台にしないジュニア育成のサポート活動を実施していく。

1.ダンロップ杯100分耐久

■車両

MONZA+EX21改

■チーム体制

総監督: ニコ・タキベルク

監督: モト・ヤマス ※第1戦のみ。第2戦以降は、別途発表予定

オペレータ: ジャンカルロ・フジケラ
 
レギュラードライバ: ルイス・フミルトン(TDC) / モト・ヤマス(RBC)

リザーブドライバ: TBN

2. プライベーター及びジュニア支援

・フレッシュマン耐久

多くのファンにカートの楽しさを体感していただく為、入門クラスでありながら、本格的なレースが楽しめるフレッシュマン耐久レースをサポート。車両にはN35+新品タイヤ(ダンロップ製レンタル用タイヤ)、参加者の運転技術の向上を図り易くしている。育成カテゴリの位置づけの為、ReeBAL Cafe GPドライバと参加したいジュニアは、ヤマジットにより参加可能。

なお、人間育成講師は、ルイス・フミルトン。ドライビング講師は、モト・ヤマスが担当する。

・チャレンジ耐久(湘南ベンディング杯)

D杯クラスレベルのドライバの技術向上を目的に、ReeBAL Cafe GPとのコラボレーションで出場。変な勧誘等は行わないものとする。出場にあたって旧EYRT Projectをパートナーチームとする。ドライバは、モト・ヤマス(RBC)とルイス・フミルトン(TDC)の予定。モト・ヤマスは、4戦連続表彰台を狙う。

【ごあいさつ】

□ニコ・タキベルク代表

まずはこの不景気の中、今年もFドリーム平塚ダンロップ杯に参戦できることをありがたく思います。今期で3年目、戦闘力のあるドライバ達と確信し、今年もルイス・フミルトン / モト・ヤマス組を迎え、体制的にも万全の体制で挑みます。世の中に少しでも明るい話題を振りまけるよう、2009年のReeBAL Cafe GPに是非、ご期待ください。目標は「シリーズチャンピオン」です。

□モト・ヤマス

今期2009年もTeam TDCことReeBAL Cafe GPのドライバとして選ばれたことを誇りに思い、同時に大きなプレッシャーも感じております。そして、昨年同様にパートナーとなるルイス・フミルトン選手。そしてReeBAL Cafeと言う大きなスポンサー、他人を踏み台にしない最高のチーム、ドライバ、Fドリーム平塚のマシン、すべてが神様から2009年に僕達がチャンピオンを取るために用意してくれた環境と思います。2009年ReeBAL Cafe GPがチャンピオンになるために精一杯、チームと共に頑張っていきます。応援よろしくお願い致します。

□ルイス・フミルトン

今シーズンはReeBAL Cafe GPの一員としてダンロップ杯耐久に参戦させて頂きます。昨年度から、結果こそ出ませんでしたが素晴らしいパフォーマンスを魅せていたチームですから、自分の力を更にプラスして戦える今シーズンを今からとても楽しみにしています。モト・ヤマスもキャラクターが濃いですから自分も負けないように個性を出して、皆でFドリーム平塚のダンロップ杯を盛り上げていきたいと思いますので応援お願いします。




【ReeBAL Cafe GP 公開テスト - Fドリーム平塚】
ダンロップ杯耐久恒例、開幕前に行われる公式テストが、4月4日、Fドリーム平塚(神奈川県)で始まった。残念ながら、本日のテストに参加したチームは、今年で3年目となる今期チーム名を改めReeBAL Cafe GPとなったTeam TDCのみ。この日、トップタイムをマークしたのは、ReeBAL Cafe GP(モト・ヤマス)。2番手は、同チームのReeBAL Cafe GP(ルイス・フミルトン)となった。

□セッション1 10:30〜11:38 気温/路面温度 開始時:18℃/13℃|終了時:20℃/16℃
□セッション2 14:30〜15:30 気温/路面温度 開始時:20℃/25℃|終了時:18℃/16℃

この日の走行は、午前中2時間と午後2時間の2回行なわれた。午前中は10時30分から、赤旗による中断をはさみ、11時38分まで。午後は14時30分から2回の赤旗中断をはさんだが、終了時間の延長はなく、15時30分までとなった。

今シーズンの公式テストは今回のみ。各イベントの前日に行われていた練習走行もなくなった為、テスト走行の機会は大幅に減った。その一方で、車両規則の変更でダウンフォースが減少するなど、クルマの状況はかなり変わっている。少ない走行の中で、短い周回でマシンにアジャストするかが、今回のテストの主要テーマになったようだ。

午前中は、路面にホコリが多く、タイヤがグリップしづらい状況。その中でこのセッションでのトップタイム、31秒344をマークしたのはReeBAL Cafe GP(モト・ヤマス)。昨年は、色々な不運もあり悔しい思いをしたが、今季は幸先のよいスタートとなった。

同じチームのReeBAL Cafe GP(ルイス・フミルトン)もタイム差はなく、午前のセッションで各100周の周回を重ねていた。

午後のセッションでも路面コンディションはあまり好転せず、グリップという点では午前中と大きくは変わらなかった。その中ではReeBAL Cafe GP(エリック・ヤマス)のタイムがベスト。このタイムが、この日のトータルの最速となった。以下、ReeBAL Cafe GP勢が2番手までを占めた。

午後のセッションでも各100周の周回を重ねていた。

(総入場者数:167人)

モト・ヤマス / ReeBAL Cafe GP(クラストップタイム)

朝は予選重視でやっていました。クルマのセットにしても、セッションの進め方にしてもね。このサーキットはコンディションが変化しやすいので、路面の変化によってクルマがどう変わるかっていうのを比較した程度。ホントは「決勝に向けて」という部分をもう少しやりたかった。でも、まずは予選で(ポールを)獲りたいっていう気持ちでやっていたんです。予選での感触も掴めたかなと思います。開幕戦から出来る限り、上のポジションにいきたいです。

ルイス・フミルトン / ReeBAL Cafe GP(クラス2番手タイム)

朝はドライバーの慣らしだね。2人でどんどんレベルアップして行こうと、ヤマスも少し厳しいユーズドタイヤを履いての練習です。今回の気温・路面温度も想定しているし、元々ダンロップさんが用意してくれるタイヤはレンジが広いので、問題はないと思います。でも、予選に関しては、けっこう厳しいと思う。トップタイムといっても、たまたま出ただけで、他のチームとタイム差がないからね。開幕戦の予選は5番手以内に入ること。決勝レースに向けてのトライも含め、どんどんやっていこうと思っています。

DRIVERS' DIARY - L.Fumilton「チーム増員を考える」
お久しぶりです。フミルトンです。

今日のテーマは、「チーム増員を考える」ということなので、僕一人ではなく、チームメンバー全員と相談し、決めた事をここに綴りたいと思います。

<結論>
D杯上位入賞請負人のプロデューサーを雇う!!

<理由>
今年からヤマス・フミルトン以外のメンバーの定期参加が難しくなった為。


そこで、


我々Team-TDCをプロデュースしてみたい(総)監督の経験がある方を大募集致します!!!

嬉しい事に前もって1名の方からの問い合わせがあったのですが、先方が希望する契約金をTeam-TDCの予算ではお支払い出来ない事が分かった為、今回募集をさせて頂きます。

以下、条件は、たったの3つです。

謙虚・謙遜・献身・穏やかに!!を理解できる方
マネーよりマナーを重視してくれる方
4月1日を理解している方


そこのあなた!!是非、ご連絡をお待ちしております♪♪


チャオ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。