Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DRIVERS' DIARY - L.Fumilton「ReeBAL Cafeに行ってきますた!!」
聖なる夜に仕事に精を出した人も多いと思います。
かく言う私も、いつもど~~~りのX-Dayでして、これといって予定が無かったのですが、
街を歩いていくと、やれ"マラ嫌キャリー"だとか、やれ"山下@ネコじゃありません"だとか、やれ"ウム"だとかが聴こえてくるので、ちょっぴりセンチメンタルになり、タッキーに連絡したところ、
「貸切で待ってるよ!!」
との暖かいお言葉を頂いたので、尻尾をフリフリしながら、赤いダイヤモンドが本拠地とする場所へと向かったのでした。

それでは、突撃取材の内容を以下に記します。

■場所:
ReeBAL Cafe

■内容:
なかなか行けない皆さんの為に、今日は写真を沢山掲載して少しでも実感して頂ければと思います。

先ずは、僕の為にお店を貸切にして待っていてくれていました!!(超VIPw)
そして、Tackyワイフから手渡して頂いたのがこれです。
menulist.jpg
これ、なんだと思いますか?これがReeBAL Cafeのメニュー表になります。
写真だとちょっと分かりづらいのですが、全て手作りで出来ていて、
写真をはさむアルバム用のバインダに各メニューを入れてありました。
デジタルな世の中に、ホッとさせてくれるアナログ的なアイディアに癒された瞬間でした。
内容は、大きく分けて、
・スイーツ
・ドリンク
・ランチ
・よるごはん(ディナーじゃありません)
となっていました。

で、次々とオーダーをしていき、程好い時間にテープルに写真の順番で出てきました。

■ReeBAL サラダ
tomatosalad.jpg
先ずは、ヤマスが大好きなサラダ+冷やしトマトの組み合わせのサラダです。
実はこのサラダ、ふとぅ~のサラダとはちょっと違っていて、真ん中を境にドレッシングが2種類掛けてあるんだそうです。なので、1度で2度美味しかったです。

■タイふぅ~カレー
tailandcarry.jpg
色が薄緑+白だったので、あまり辛そうに見えませんが、食べてびっくり辛いです!w でも、後味がいい辛さといいますか、クセがないのでどんどん食が進んでいく感じでした。ただし、小生は、ナスが食わず嫌い王なので、次回からはナス抜きでオーダーしたいと思います。(笑)

■豚の角煮+ごはんせっと
kakuni.jpg
これは、家庭的な味でしたね。じ~~~~っくりと煮詰められていて、とても味がしみていて、なんか懐かしさすら感じてしまいました。
また、このご飯は、ReeBAL Cafe独自のチョイスによる五穀米らしく、パサパサとネットリ感が絶妙にマッチしていて食べやすかったです。付け合わせのポテトもでしゃばることが無いように抑えているのに、お上品な舌触りがGOODでした。

■クリスマス限定:イチゴショートケーキ
shortcake.jpg
毎年12月24日と25日にしか味わう事が出来ない、幻のショートケーキです。
スポンジとクリームの見事なハーモニーが口の中で奏でます。そして、甘すぎないホイップクリームにチョコソースをつけてこのみの甘さに調整することが可能です。さらには、口の中のphを整える為に役立つのがこのイチゴ!!この季節ならではの大粒で、お腹も心も満たしてくれました。

■アップルタルト
appletaruto.jpg
甘すぎない味の為に、何個でも食べられそうな感覚にさせられるくらい、良い味でした。
追い討ちを掛けているのがサクッっとした食感で生地にやわらかいアップルを包み込んである為、タルト本来の特徴がよく出ていると思いました。
余談ですが、小生が中学2年生の調理実習の時に、好きな女の子に格好良いところを見せようと、率先してタルトを作った事があるのですが、その時は、なぜか膨らんでしまい"タルト"じゃなく"パイ"になってしまった事を思いだしました。。。

■ReeBALプリン ※フミルトン一押しです!!
ReeBALpurin.jpg
ここで敢えて言いましょう。「世界一、美味しいプリン!!」です。
小生のものさしが短いだけなのかもしれませんが、今まで食したプリンの中で、一番美味しかったです。見た目は、ふとぅ~のプリンです。しかし、スプーンを入れたときから期待は膨らみます。そして、いざ口に入れて、1.5秒。。。「通!!!」(Mr.味っ子より抜粋)っとなりました。
能書きは不要です。このプリンを食べに行くだけでも、浦和に行く価値があると思います。

っと言う事で、ステキな聖夜の"よるごはん"は、終わりました。
そのほかにも、

■メレンゲちゃん
okashi.jpg

やら、

■ヤマス用お酒各種(焼酎あり)※画像は、当日のお楽しみだそうです。
があるそうです。

あ、そうそう。クマさんのブログにて記載されていた、「どっとこむ見たよう~」で、"プリン1つプレゼント"については、続行中だそうです。
是非是非、お誘い合わせの上、EYRTのメインスポンサーである、ReeBAL Cafeに足をお運び願います!!!
スポンサーサイト
DRIVERS' DIARY - E.Yamas「X-Dayは眠らない」
久しぶりのドライバーズダイアリーです。さて昨日は、X'masイブ云わばX-Dayイブというやつでしたね。スポンサー事務所でもパートナーがいる人は即行定時であがり、アロンで蜘蛛の巣が張ってしまっているような人や錆付いたマイクの人達は、いつも通りの夜だったと思います。そして、パンパンと乾いた音を出す事無く朝が来た事でしょう。ちなみに、チームメイトのルイスは、ミスファイアリングシステムで、もっと凄いです!!

こんな事を沢山書きたいですが、中学生も見ているページなので、この辺りで自主規制。

ちなみに、後ろの席の人は定時あがりで元気良く帰っていきましたが、今日は、高熱で休みだそうです。そりゃあ、この季節暖房があってもマッ裸で寝れば風邪もひきますよね。やり過ぎコンパニオンというヤツですね。あと、スポンサー事務所近くの駅まで来て「がんばって、新橋まで来たのですが・・・やっぱり具合悪く帰りますと」帰っていった人もいました。夏の終わりのクワガタですね。

まぁ、なんだか偉そうな事を言っていますが、エリック・ヤマスのX-Dayイブは、錆びついたマイクで今を撃ち抜こうbyWANDSというやつで、寂しいものでした。しかしながら、34歳にもなりますと全くもって切ない気分にはならず、肉とスパークリングワインがあればX-Dayは、問題なく過ごせるものです。

KC380219.jpg

適当に買ったスパークリングワインでしたが、結構美味しかったです。肉もこれだけでは足りないので、ピザを追加。朝起きて、胃がもたれているかなぁと思ったのですが、スパークリングワインが工業用でなかったのと、野菜もガッツリ採っていたので全然大丈夫でしたw ケーキは、reebalカフェ以外のものはノーサンキューなので、来年まではおあずけ。

このX-Dayが終わると、気分は正月モードに入ります。毎年、正月は暇な事が多いですが、今度の年末年始は、尋常じゃないぐらい忙しくなり無駄に出来る時間がないので、有効な事だけを限定して行いたいと思います。

あ~書初めはいつやるかなぁ。筆が・・・
Team TDCとRBCの新合弁会社がEYRTを取得
2008年12月23日

TDCは、リー・バル・カフェ(RBC)と新合弁会社であるイー・ワイ・アール・ティー・リミテッド(EYRT Limited)を設立した。

これにより、出資比率は、TDC5%のRBCが95%。当新会社は、R・B・C EYRTのチーム名称を取得した。

■R・B・C EYRTドライバー

※2009年2月発表予定

■TDCの主要責任者

プロジェクトリーダー / ルイス・フミルトン

車体技術開発責任者 / エリック・ヤマス

エグゼクティブ・テクニカル・アドバイザー / エリック・ヤマス

■TDC Racing Development Ltd.(略称TRD)概要

社長 / ルイス・フミルトン

テクニカル・ディレクター / エリック・ヤマス

エンジニアリング・ディレクター / エリック・ヤマス

所在地 : 神奈川県

活動内容 :

・レース活動最前線基地として、TDC技術藤沢研究所への技術的フィードバック
・エンジンの開発サポートおよびメンテナンスなど

■ReeBal Cafe取締役 ニコ・タキベルク氏のコメント

「新たなR・B・C EYRTは、組織面やプロセス面での進化に伴い、今まで以上に勝利に向かって一丸となるチーム体制になりました。今シーズンはこれまで以上に激戦が予想されますが、優勝を目指してがんばってまいりますので、ご声援をよろしく御願い致します。」


TDC Thanks Day 2008開催のお知らせ
大会名称: 08’TDC Thanks Day in F1ドリーム平塚

開催日程: 2008年12月19日(金)

開催サーキット: F1ドリーム平塚(神奈川県平塚市) / 正コース(480m)

主催: Team TDC

公認: ReeBal Cafe

協賛: 大人の広場 小田急相模原店

エントリードライバー: エリック・ヤマス / 大物ゲストドライバー

タイムスケジュール:

12:00 - ゲートオープン
12:10 - 一般レンタル走行開始
12:15 - Team TDC入り
12:20 - エリック・ヤマス スプリントデモ走行
13:00 - ゲストドライバーとの模擬レース
13:15 - エリック・ヤマスvsゲストドライバートークショー
13:30 - 仮想ヨンさまに挑戦!!N35ドリフト走行
14:00 - エリック・ヤマス09年版本気走行
14:30 - キッズスクール&同上走行
15:00 - エリック・ヤマス 耐久デモ走行30周
16:00 – フィナーレ

■広報担当:ヤ・マ・ロサ
EYRT-Projectレース活動について
平素は、EYRT-Projectに格別のご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

私どもEYRT-Projectは、このたび、2008年をもってレース活動から撤退することを決定いたしました。サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、各国に広がった実体経済の急速な後退により、EYRTを取り巻くビジネス環境は急速に悪化してきています。

当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時間がかかることが予想されます。EYRT-Projectはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、レース活動からの撤退を決定いたしました。

今後のEYRT-Project、Team TDCに技術供給を行ってきたEYRT Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります。EYRTは第1期のレース活動として、2008年3月よりTeam TDCとの共同開発という新しい形での参戦をいたしました。その後のレースを取り巻く環境変化により同年8月よりエリック・ヤマス氏が100%出資するチームとしての運営に移行しました。最高峰の大井松田レンタルフェスタT4スプリントクラスへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの応援を頂き、2008年に貴重なB組1勝をあげることができました。頂いたA組優勝へのご声援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともなう決断でした。

今後は、この激動の時代を生き抜き、レースで培われたチャレンジング・スピリットをもって、様々な新たな課題に引き続き挑戦し続けてまいります。

これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支えてくださったレース界の皆様に対し、心よりお礼申し上げます。尚、来年、F1ドリーム平塚では予定どおりダンロップ杯耐久が開催されTeam TDCも参戦致します。来シーズンに向けての調整も順調に進んでおります。ありがとうございました。

最後に、あなたの夢は諦めないで下さい。The Power of EYRT

エリック・ヤマス・レーシング・チーム プロジェクト
代表取締役社長代理補佐
N・ヤ・マ・ロサ
2008年もありがとうございました
先に行われた大井松田5時間耐久にて、2008年のTDC公式活動が全て終了致しました。平塚でのダンロップ耐久では、不本意な成績となってしまいましたが、来年こそは、ファンの方々の期待に応えたいとドライバー共々思っております

さて、来期の体制及びレース活動の発表につきましては、日産の2009年レース活動発表にあわせてアナウンスさせて頂きたいと思っております

なお、EYRT-Projectに関しては、サポートドライバー及びEYRT-G'sを募集しております。サポートドライバーの募集要項は以下の通りです

給与(ヤマジット)
経験・能力・人間性を考慮し、決定します

昇給
年1回 (7月)(成果に応じて)

賞与(カルカン)
年2回(6月、9月)(成果に応じて)

勤務地
平塚 / 大井松田 / 秋ヶ瀬 / 御殿場の何れか

勤務時間
7時00分~19時00分(コースにより異なる)(標準労働時間7時間50分)
フレックスあり、遅刻しても体罰無し

休日休暇
完全週休5日制(月~金曜日)年末年始、特別休日、ピンク休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、積立休暇 など

保険
アフラックのガン保険(任意)

福利厚生
ポールポジション手当て、ベストオーバーテイク手当て

以上です

■広報担当 ヤ・マ・ロサ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。