Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Driver's Column- L.Fumilton「議論とは」
ドライバーズコラム第5回は、フミルトン選手の作品です。

タイトル:「議論とは」(サブタイトル:「絵巻の一生」)

こんにちは、ルイス・フミルトンです。今日のテーマは、議論という事でお話し致します。議論は大きく3つに分けられることが出来ます。まず一つ目は、討論型と呼ばれるもの、テレビなどの討論番組などを想像して頂けると分かりやすいかと思います。これは、参加者は「賛成派」「反対派」「審判(司会者/オブザーバー/討論番組の場合は視聴者も含む)」の3つに分かれ、賛成派・反対派はお互いを言い負かすために全力で自分の意見を言うという形です。

この討論型というのは、何かを決定するのには向かない議論のスタイルで、討論番組などを見ていても、「なんでこいつらは決着のつかない話を延々としているのだ」と思ったことはありませんか?でも、そう思った人は少し思い違いをしています。あそこで言い争いをしている人達は決着をつけようなんて思ってはいません。精々、相手を打ち負かし黙らせれば気分が良いというぐらいでしょう。決着をつけるのは、「賛成派」「反対派」の人たちではなく、それを見ている人達なのです。

以上の事から、討論型は何かを決定する議論には適さないという事が言えますね

二つ目は、議決型と呼ばれるもので、多くの場合はある問題に対して参加者全員で採決をし、多数決で勝ち負けを決めます。国会などが、このタイプですね。議決の場合は全員が賛成派であり反対派であり審判です。自分で賛成意見と反対意見を両方述べて、その上で公正な立場に立ってどちらの意見が正しいと思うかを判断します。討論でいう三役を一人でこなすのです。だから「勝ち負け」は出た意見に対して決まるものであって、人に対して決まるものではありません。

この議決型で注意したいのは、直接の利害関係にある人は議決に参加してはいけない事です。例えば「村に原発を造るべきか」という議決には、電力会社の社長も住民も参加してはいけないのです。こういう利害関係のある人は自分の利害に縛られてどうしても公正に判断する事ができなくなってしまいます。こういう場合は「議決」でなく「討論」にすべきです。自分たちでは公正な判断ができないから第三者に判断してもらうのです。

最後三つ目は、対話型です。討論や議決はある問題を解決するためのものでした。それに対して、問題を解決するためのものではない議論を、ここでは「対話」と呼びます。対話の目的は同じテーマで話し合ってお互いに理解を深めることです。 討論や議決と違い、対話では勝ち負けはありません。「どちらの意見が正しい」という判断はもちろんしても構いませんが、しなくてもいいのです。ただ、いろんな意見を聞き自分で考えてみるのです。違う考えの人を見つけたらなぜそういう考えをするのかを理解してください。お互いに意見を言い合い、違う人の意見を受け入れるのが「対話」なのです理解した上でやっぱり意見が違うのであれば、それはそれ。別に意見を合わせる必要もありません。対話は全員で何かを決めるためのものではないのですから。

え~と、ここまでが今日のテーマの前置きです。ながくてごめんちゃい。

さて本題です、議論には「討論型」「議決型」「対話型」の3種類あり、それぞれに違ったスタイルがある事はお分かりになったと思います。ただ、3種類の議論どれにも当てはまらないのが、世の中にはあります。それが絵巻と呼ばれる一方通行のつまらない話や、周りにいる人を不快にする言い争いと呼ばれるものです。見ている方もドン引きですし、当事者間でも有益な結論は出るはずもなく単にエネルギーの消耗と時間の無駄遣いで終わります。

しかしながら、正しく議論するのは難しい事です。それはどのタイプの議論にもそれなりに厳しいルールがあるからです。議論は誰にでもできるわけではないのです。ルールを守れない人は退場していただくのもルールの一つです。

あと、議論(この場では、とりあえず絵巻や言い争いも含む)で、絶対にやってはいけないことがあります。わかりますか?

「論点をすり替える」

「他人のせいにする」

「自分中心の考えばかりを主張する」

「相手の話を聞かない」

です。

さいわいTDCは、平和的対話型が殆どです。なぜなら、全メンバー今日のテーマの内容を理解している人間しかいないからです。ちなみに、酔っぱらった時のヤマスは、エロティック的管を巻く型といって、僕にも未だ対処の仕方がわかりません。ぼちぼち、まともに付き合っているとカミさんに怒られます(冗談冗談)てつや武田じゃないですが、でも誰か来期いっしょに手伝って頂ける方がいましたら、フミルトンまでお声掛けお願い致します。

チャオー by フミルトン

非常に、興味深い内容でしたね。次回のドライバーズコラムは、最終回でテーマは「大人とは」です。誰が執筆するかはお楽しみに。

ここでTDC広報からお知らせです。このドライバーズコラムが1冊の本になりました。EYRT文庫から、1冊\2,980円で発売しています。受注生産になりますので、購入をご希望の方は、0120-072-0721までお申し込み下さい。


■編集 ヤ・マ・ロサ広報担当
スポンサーサイト
Driver's Column- E.Yamas「惜しまない心とは」
ドライバーズコラム第4回です。当初、前回アップされるテーマでしたがチーム内検閲が長引いた関係上、今回となりました

タイトル:「惜しまない心とは」

先日、同じ職場の人から夕食に招かれました。大体、自分の場合はお酒をお土産として買って行く事が殆どなのですが、その方の奥様が甘いものを好まれるという事と、酒は沢山ストックがあるという話だったので、ケーキを買っていく事にしました

実は、ヤマスは甘いものが好きでないこともあり(出されたら頂戴させて頂きますが好んでは食べないレベル)、ケーキやお菓子を土産に持って行く際には、何を持って行って良いか困ってしまいます。通常、そういったものをお土産として持っていった場合、食後など皆で食べるのが普通ですよね?なので、多少自分が頂く事も考えなければいけませんが、あくまで自分はゲストなので、食べたら危なくなってしまう(マーライオンや撒き餌になってしまう)種類のケーキだけを省いて、あとは店員さんお勧めや人気ランキングなどで大体選んだりします。その時もそうでした

ちょっと、前置きが長くなりましが、今日のテーマは「惜しまない心とは」。言い方を変えるとケチについてです

前置きで書いた話、何が言いたいかというと、もちろん続きがあります。今回自宅に招かれたのは、ヤマスだけでなく数人の同じ職場の人間が招待されていました。もちろん、みんな似たり寄ったりお土産やら、酒のツマミになるようなものもありましたが、一人今回のテーマに当てはまる方がいました。その人(仮名:セコさん)が持ってきた土産は、物自体は問題ないのですが、セコさんがチョイスした理由が「安かったし、自分が食べたかったから」。他人の家に招待されていながら、自分が食べたいもの"だけ"を買ってきて、尚且つ安かったからというセコさ

当然ながらヤマスの中で「ん?」という感じでした。もちろん、大人達のあつまりです。その場で、その発言を言及する事なんてしません

この発言に対して、ヤマスが思ったのは「なんかセコクて、自分中心だなぁ」というものでした。確かに、飲みに行った時などの割り勘も男のクセに細かいなぁと思っていましたが、やっぱりそうでした

もちろん、人によって違うと思いますが、他人の家に招待されて持っていく土産は、高い安い関係なく、その家の人なり今回でいうと夕食に呼ばれた人達が喜ぶものを買っていくのが、普通だとおもっています。但し、ネタ系は除く。しかし、セコさんは、これだけでは終わりませんでした。育ち盛りのオヤジどもが予想以上に多かった事もあり、奥様の料理や持ち込んだものだけでは足りなくなりました。まぁこれは良くある事です。なので、追加で出前を取りました。当初、招待したのはこちら(今回の主催者)なので、お金は要らないよという事でしが、いくら酔っぱらっているヤマスをはじめ、良識をもっている人は、まぁ、追加分は割り勘でという事になりました。まぁこれも良くある事です

すると、セコさんは、それらの意見に信じられない発言をしたのです。「土産分は、引いていいんだよねぇ」

えっ?

この時のエピソードは以上です

さて「ケチなぐらいでないと、金は溜まらない」という言葉もありますが、これはヤマス自身も正論だと思っています。実際、自分も節約したいお金を貯めたいという考えはあるので、セコくなる事は当然の事ながらあります。例えば、本当は上カツ丼を頼みたいけど、100円高いから普通のカツ丼にしようとか、キツネそばに玉子追加したいけど、30円高くなるしコレステロールも高くなるので我慢しておこうとか、例を出すと限がないですが共通して言える事として、自分に対してだけは、ケチであり倹約を心掛けていますが、他人に対しては違うということです

ただ、誤解してはいけないのは、誰に対しても羽振りよくしろという事ではありません

エピソードをもう一つ。話の元は割愛しますが、以前フミルトン君に自分のTシャツ(ユニクロの低価格なものですが)を貸してあげた事がありました。新品だったのですが、貸したというよりは、自分の中では殆どあげたつもりでした。後日、洗濯して返してくれたのかなぁと思ったら、フミルトン君は、ヤマスの安物Tシャツに対して、恐らく地元ららぽーとのGAPで買ったのであろう、新品のTシャツで返してくれました

ここで意味しているのは、実際に色をつけてお礼をしろという事でなく、今日のテーマになります。別に洗って返すだけで済むところを、あえてそれ以上の礼で返す心を持っている事。そこなんですよ。セコさんの考えも賛同は出来ませんが間違ってもいません。ただ、どちらのような人を慕えるかといったら、フミルトン君のような人でしょう

あなたは、フミルトンですか?セコさんですか?

エリック・ヤマスでした

次回は、フミルトン選手で「議論とは」についてです

■編集 ヤ・マ・ロサ広報担当
Driver's Column- L.Fumilton「場の空気を読む」
まずコラムの前に、2008年も我らTeam TDCを応援して頂きありがとうございました。来年は、今年以上の結果が出せるよう選手一同頑張る所存でございます。さて、ドライバーズコラムですが、予告で第3回は、エリック・ヤマス選手の予定でしたが、諸事情によりルイス・フミルトン選手のコラムを掲載致します

タイトル:「場の空気を読む」

"場の空気"という表現は、コミュニケーションの場において、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係、力関係、利害関係など言語では明示的に表現されていない、もしくは表現が忌避されている関係性の諸要素のことなどを示すようです。

最近では、KYなどと言われ、このKYとは"KuukiYomenai"のイニシャルになり、我々TDCもいつぞやのフレッシュマン耐久にてKYペナルティ(数周減算)をもらいましたね。どうやら、スポーツの世界だけではなく、世の中全般に言える事なのでしょうが、この"空気を読む"というスキルがとても重要なウエイトを占めているようなんです。

最近、対人やら集団活動にてお悩みの人から相談を受けることが多くなりました。普段、ヘラヘラしている小生がその人達から見ると魅力的に見えているようなんです。とても嬉しい事ですが、実は悩んでる皆様との悩みは然程変わらないんですけどね。。。

さぁ、今日はこの"場の空気を読む"にスポットを当ててみようと思います。場の空気を「読む」とは大きく分類すれば次の4つの要素からなるそうです。

1. まず状況を把握する
2. 言うべき相手を確認する
3. 適切な言葉を選ぶ
4. 適切なタイミングを選ぶ。

なるほど、こうして箇条書きにしてみるととても分かりやすいですね。ここまでは、全員INPUT出来ると思います。しかし、いきなり出 きるようでしたら、そもそもコミュニケーションで悩む必要がないでしょう。

では、どうしたらよいのでしょうか?

一般的には、相手の表情を読んで自分の行為・発言に対する評価に相当する反応を見出す能力は、これに関する訓練や実地体験の積み重ねによって伸ばすことができるようです。通常、このような訓練は主に成長過程で、家庭教育において極めて自然な形式で行われているので、各家庭ごとの文化的基盤の差の影響を受けやすいようです。まぁ、人格形成期に克服出来なかったから今こうして悩んでる方が多いのだと思いますが。成人してからのトレーニングとしては、マナー教育などを通して、学習することも可能なようですし、How Toの本もあるようですね。っとまぁ、ここまでは、ちょっと調べればツラツラかけるものです。

しか~し、実際、このような事を話したところで、相談者の耳には吸収されないものです。相談者は、このような絵巻のような回答を望んではいません。なので、僕がこの手の相談を受けたときは、

「落語を聴きに行って下さい!そして、心底笑えるまで通って下さい。」っと答えています。

はぁ?っと思われた人もいるかと思います。しかし、このフミルトンが胸を張って回答する答えが上記なのです。落語についての解説は、後日機会があれば解説しますので、詳細は割愛します。ただ、もし、これを読んでいて、"場の空気を読めずに悩んでいる人"がいるならば、騙されたと思って落語を聴きに寄席に行って下さい。誰の落語でも良いですが、最近、元奥様が元気な小朝師匠の落語なんか如何でしょう?

とにかく、"場の空気を読む為には?"の回答がこの寄席には詰まっていると思います。

そこのあなた!一席いかがですか??

チャオー by フミルトン

第4回は、最初に戻りエリック・ヤマス選手の予定で、タイトルは「惜しまない心」です

■編集 ヤ・マ・ロサ広報担当
Driver's Column- L.Fumilton「優しさは誰の為?」
好評のドライバーズコラムですが、第2回に予定していましたルイス・フミルトン選手から原稿を頂きましたので掲載したいと思います

タイトル:「優しさは誰の為?」

皆様、お元気ですか?ご無沙汰しておりますフミルトンです。もうすぐD杯最終戦ですね。残念ながらTDCは、今季の目標には遠く及びませんでしたが、来年に繋げる為にも、ヤマス共々最終戦頑張りたいと思います! Tackyにもトロフィーをプレゼントしたいしポディウムには、絶対あがりたいですね!!

おっと今日は、コラムのコーナーでしたねwそれでは、木村太郎ばりに語ってみたいとおもいます。僕の好きなミスチルの「優しい歌」、そしてヤマスの代表曲ブルーハーツの「人にやさしく」、今回は優しさをテーマに語ります。さっそくですが優しさとは大きく分けて3つあると思います。一つ目は、人間同士の優しさ。二つ目は、異性間での優しさ。最後三つ目は、特定の人に対してだけの優しさです。

まず一つ目の例としては、「道に迷って困っている人がいたら教えてあげる」、「電車で席を譲る」などです、二つ目の例は、僕もあまり得意ではないですが^^;「常に女性優先を心がける、云わばレディーファースト」、「寒いときに上着を貸してあげる」、「一緒に歩いてる女性がヒールなら、ゆっくりあるいてあげる」などかな、そして三つ目の例は、「誕生日を祝う」、「酔っ払ったヤマスを送り届ける」、「悩んでいる人の相談にのる」という所でしょうか。

いずれの優しさも共通している事があります。みなさんわかりますか?

そうですね、「優しは自分の為でなく誰かの為に、そして損得なしに行う心遣い」です。

まぁそんな感じで優しさには、3種類あるといいましたが、世の中には何れにもあてはまらない優しさも存在します。それは、自分が得をする為や自身を守る為だけに使う偽善の優しさです。そんな優しさを使う人がいると気づいたのは、すっかりアソコにも毛が生え大人になった、ここ数年だったりします。

当然ですが、そういう人とはお付き合いしたくないです。そして、本人は気付いていないのかもしれませんが、バレバレなんですよねぇ。。。

皆様方の優しさはどうですか?でも、TDCのページを見て頂いてる方に、偽善の優しさを使う人はいらっしゃらないと思いますので心配ご無用ですね。もし、思いあたるようなら心のバグ修正してみませんか!?

ちょっとエラそうに書いてしまいましたが、そんな自分も、今日帰宅したら、いつも以上にかみさんに優しくしたいと思いますww 気持ち悪いと言われるか何か悪い事でもしたのかと疑われるかもしれませんがね(爆)

チャオー by フミルトン

第3回は、最初に戻りエリック・ヤマス選手の予定です

■編集 ヤ・マ・ロサ広報担当
Driver's Column- E.Yamas「プロを作るのがプロ」
ドライバーズダイアリーが不評だった為、新企画としてドライバーズコラムをお送り致します。第1回は、エリック・ヤマス選手にお願い致しました

タイトル:「プロを作るのがプロ」

先日、本山先生の公式サイトで、こんな記事を見つけました

内容的には、ネタもあり特段取り上げる部分はないのですが、この中の「本山聡先輩」という書き出しで、ふと本山先生の師匠が頭に浮かびました。そうです、星野一義大先生ですね。国内で現役及び引退したレーサーで偉大な人は何人かあげられますが、今日のテーマでもある、ちゃんとした後継者を育て引退した人は、ヤマスの中で思い浮かぶのは、星野大先生1人しかいません。日産から見てもGJというヤツでしょう

例えば、他にいればあげたいのですが・・・鈴木亜久里、ん~思い浮かばない。中嶋悟、ん~息子を育てたのはTDPだし、関谷監督、土屋武?ちょっと違う、長谷見監督、失礼ですが下に人がついてこないタイプだと思います。監督自身は凄い人なのですがね^^;会社でもいます、部下から慕われず、孤立する上司。そんな感じです・・・。結構良い線が、竹内浩典監督(08年ZENT監督)、長い間、立川とコンビを組み、今の立川に大きな影響を与えていると思われます

少し、前置きが長くなりましたが、どんなスポーツでも、仕事(職場)でも同じで一代で終わる、言い方を変えると後継者を育てる必要がないものなら、自分だけが凄ければ良いと思います。また、自分がただのメンバーである場合も同様で、しかしながら、下に人が付いた場合(SUPER GTでいうと自分がファーストドライバーで、セカンドが若手の場合)、やはり後輩なり部下をきちんと育てられなければいけないと思います。GTでも、自分の持っている知識や技術を惜しみなく教えるドライバーもいれば、名前はあげれませんが、そうでないドライバーもいます。答えを教えないというやつでしょうか!?ちなみに、前者の方は、どんどんチーム自身底上げされ、年を追う毎に良い感じになっていきますが、後者の方は、毎年セカンドドライバーが変わり、毎年パットしません。マシンは十分に勝てるものなのに・・・

恐らく、後者の方のファーストドライバーは、なんで(こんな凄い)自分について来ないんだろうと思っているかもしれません。もしそうであれば、今一度自分自身を見直してみた方が良いとヤマスは思います。そして、最後に自分がプロだと思っていても、同じプロを育てる事が出来なければ、一流ではないと思っています

第2回は、ルイス・フミルトン選手の予定です

■編集 ヤ・マ・ロサ広報担当
ダンロップ杯耐久最終戦チーム体制発表
11/23(日)F1ドリーム平塚で行われるダンロップ杯耐久最終戦の体制は次の通りになります

■総監督 ニコ・タキベルク
※スケジュールによりファクトリーからの場合もございます。監督ファンの方々は、ご留意下さい。その際のコースまでの交通費等の、ご返却出来かねます

■オペレータ アンソニー・ウッタラソン氏 (※念の為、最終戦のみSチームより派遣契約)

■ドライバ L・フミルトン / N・ヤ・マ・ロサ / オンドレ・ロッテラー

オンドレ・ロッテラーは、来季TDCに加入する予定のドライバーで、テストを兼ねて参戦致しますが、当日のコンディションによっては、エントリーしない場合がございます

【オンドレ・ロッテラー経歴】

出身地:神奈川県愛甲郡清川村

2000 峠デビュー
2001 国内B級ライセンス取得
2006 カートデビュー
2007 フレッシュマン耐久 0勝 チャレンジ耐久 0勝 スーパーバトル 0勝(最高位C組8位)
2008 スーパーバトルA組 0勝 B組 0勝 C組 0勝

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。