Team-TDC Official Blog
F.ドリーム平塚をホームコースとし、耐久レースやレーシングカートでのスプリントレースで活動しているレーシングチームです。[Since 2007]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サザンオールスターズ_30周年記念ライブに行ってきましたー!
週末になると雨が降る今日このごろ。
皆様如何おすごしでしょうか?フミルトンです。

今日は、僕が大好きなサザンオールスターズのライブに行ってきましたー!
いやぁー、とても良かったです。
暫く、サザンオールスターズとしての活動が休止になるとのこと。
さみしい限りです。

このライブは明日もあるのでたのしみでーす♪

ヤマス、タッキー、明日は頑張って下さいね‼

チャオー by フミルトン
スポンサーサイト
【2008 EYRT 公開練習 - 大井松田KL / F1ドリーム平塚】
本日は、エリック・ヤマス選手が急遽、大井松田カートランド(神奈川県足柄上郡)で、公開練習を行うという事で、TDC専属記者であるヤ・マ・ロサが、何故か今回も取材に行く事となりました。12:00から1時間の走行という事で、15分前にコースに到着したのですが、ヤマス選手は、これから1時間走るというのに、ガッツリ食事をしており、大丈夫なのだろうかと思いながらも、なんとか始まった公開練習でした

流石に当日の朝、急遽、公開練習のスケジュールを発表したという事もあり、EYRTはもとよりTDCのコアなファンも1名もいないという非常に寂しい練習走行でもありましたが、天候は、めずらしく晴天となり、日頃の行いが悪い上に雨男であるヤマス選手の練習日としては、非常に良いコンディションだったと思います

【大井松田カートランド - 練習走行後のコメント】

「えっ?1時間で105周しか出来なかったの?SSRTのコーウェン選手だったら112周は出来るよね?まぁ今日の天候で、直前までガッツリ飯食べているにも関わらず、1時間の走行時間中、一度も休まず走り続けられたのは、体力面で見ればOKかなっ!?ただ、耐久は出ないから関係ないんだけどね(苦笑)で、走りの方だけど、80点。先週土曜日のT4での練習結果が、心底悔しかったので、それから昨日まで、ずっとバーチャルトレーニングの際も大井をイメージして走ってたのが、間違えでなかったのが分かって良かったよ。実際、走り方も変えたしね。ベストタイム自体は、32秒603と、全然大した事ないけど、こういう走り方をしたから、こういう状態になって、結果このタイムが出たというのが明確に分かっているのが大きい。だから105周のラップ表の全周のタイムを見て、どういう走りでこのタイムになったのか思いだせるよ。今までは、なんでこのタイムになるのか、全然分からなかったからね(笑)あとは、レース本番に常連さんの速いゴーストでアジャストする事にするよ」

その後、TDCの練習として、F1ドリーム平塚(神奈川県平塚市)に移動。その際、途中の一般道の山道で、あまりの疲れの為、ゆっくり走っていたヤマス選手。しかし、ドキュソカー様にぴったり後ろに付かれて、カチンときたあまり、本気のような走りをしてみたら、後ろのドキュソカー様が全然見えなくなり、どこかのコーナーで事故ってしまったんでないだろうかと心配するヤマス選手、意外に優しい一面も見られたF1ドリーム平塚での公開練習となりました

さて、練習走行のレポートですが、Fドリでは、精力的に100周を走行
流石に平日の早い時間での練習走行という事もあり、ワークスドライバーは一人もおらず、タイムに関しては、比較しようがないのですが、この時期と今日のコンディションを考えると、まずまずだったのはないでしょうか

【F1ドリーム平塚 - 練習走行後のコメント】

「大井で1時間走りきったのもあり、余裕をもってホームコースでドライブ出来たよねっ。だから、普段ではやろうとも思わない事が試せたよ。で、真面目な話をすると、次戦のD杯は、TDCは表彰台マスト!!そうした時に、いくつもの大きな壁(チーム)に勝っていかなければいけないのだけど、(ヤマス選手)個人で考えた時に、まずはエースに勝たなければいけないのではと思ったんだよね。FNでもGTでも、同じチームでコンペティティブにやっている所は活気があるし結果もだしているよね!?タキベルク監督含めてフミルトンには、秋ヶ瀬の方で結果だしてもらいたいのもあるので、平塚は自分がエースぐらいの意気込みで次戦まで走り込んでいくつもりだよ。ただ、今日の走行だけど、最後10回目走行の時は、首がやばかったね。手の甲の皮も向けて、かなり痛かったし。いずれにしても、次回の(大井の)レンタルカートフェスタ スプリント、(平塚の)D杯は、リアルに楽しみだよ」

結局、大井松田と平塚で205周走りこんだヤマス選手ですが、正直に申しますとヒキました
レースでもないのに、レンタルで1日に205周は、おかしいのではないでしょうか!?
とりあえず、EYRTに関しての取材は、これ以降止めようと思います

【インサイドストーリー】

大井から平塚までの移動中のドキュソカー様とのバトルとも呼べないバトル。結局、土屋橋のT字で信号待ちしていたら、そんな事もあったっけ?ぐらいに忘れた頃にドキュソカー様がやってきて、その後、車間をあけながら、ばつが悪そうに下大槻の方に曲がっていってしまいました。それを見てGT-Rはナメても、EYRTとTDCはナメていけないと思った次第です

取材担当:ヤ・マ・ロサ
【2008 EYRT-Project 公開練習 - 大井松田カートランド】
大会名称: 2008年 EYRT-Project T4F公開練習 in 大井松田

開催日程: 2008年6月28日(土)

開催サーキット: 大井松田カートランド(神奈川県足柄郡) / ショートコース(550m)

主催: EYRT-Project

公認: Team TDC

協賛: 株式会社ピアソン - オフィス365

タイムスケジュール:

08:00 - ゲートオープン
09:00 - 一般カート走行開始
10:30 – EYRT-Project入り
11:00 - レンタルカートフェスタ第3戦申し込み
11:15 – レンタル走行-レジストレーション
11:30 - エリック・ヤマス練習走行(50周)
13:00 – EYRTカートスクール(机上講習のみです。参加費無料)
13:30 - 記者懇談会(禁煙休憩室1)

※スケジュールは、参加ドライバーの前夜及び当日のコンディションにより、予告なく変更する事があります

Written by ヤ・マ・ロサ
EYRT-Project レンタルフェスタ2008第2戦参戦決定!!
5/3(土)大井松田カートランドで行われる、レンタルフェスタ2008第2戦の、スーパースプリントクラスT4に、EYRT-Projectのエリック・ヤマス選手が参戦するとの情報を聞き、5/1(木)の今日、大井松田まで取材に行っていました

今日は、ヤマス選手の他に、2耐に出場されるワークスドライバーも、精力的に練習しており、出場するクラスは、違いますが、ワークス vs プライベータによる水面下での戦いが見られました

練習走行後のインタビューです

ヤ・マ・ロサ:今回、急遽スプリントクラスに出場されるという事ですが、どういった経緯からなのでしょうか?

ヤマス選手:ん~そうだねぇ、話すと長いんだけど、今年中に、どうしてもブチ抜きたい相手いるんだよね

ヤ・マ・ロサ:何故今年中なのかと、相手は誰なのでしょうか?

ヤマス選手:誰かは言えないけど、今年中じゃないと、例え勝っても、体力とか年齢とかを理由されそうで、ヤルなら早い方がいいと

ヤ・マ・ロサ:では、その選手もスプリントクラスに出場されるのですね?

ヤマス選手:いやっ出ない。2耐には出るけど

ヤ・マ・ロサ:それでは、スプリントクラスに出る意味がないのでは!?

ヤマス選手:いやっ、今自分に必要なのは、大井で速く走る為の最低限のベースを作る事なんだよ
確かに、一人でレンタル走行するのもありだけど、効率良く速くなるには、自分より少し速いドライバーの後ろで走って、きちんと今の自分の走りを分析する事。そこで、TT、予選があって、TTから決勝まで同じマシンを使うスプリントクラスは、絶好の練習のステージなんだよ


ヤ・マ・ロサ:なるほど。仰ってる事は、分かるのですが、何故に大井になるのですか?

ヤマス選手:大井は、自分が克服しなければいけないネガティブな部分を修正するのに、一番適しているんだよね。秋ヶ瀬知ってるよね?あそこのコースって、レイアウト的には、決して難しくないんだけど、本山選手や加藤大治郎、阿部典史の一流ドライバーやライダーが巣立ったよね?そういう事。普通に走るには難しくないコースというのは、逆にタイムを出す事が難しいんだよ。大井には、同じものがあるし、それを極めたい

ヤ・マ・ロサ:ん~分かりました。ヤマス選手がスーパースプリントに出られる理由は、理解したのですが、それによって、他のコースやマシンでのドライビングが落ちるのではと、TDCの専属記者である自分やファンも心配していますが・・・

ヤマス選手:はっ?何年記者やってるの?寧ろ、上がるんだよ!!そのマシン、そのコースだけを速く走ろうとすれば、それは落ちるよ。そういうレベルじゃないんだよ

ヤ・マ・ロサ:すみません。最後にEYRTとしての抱負をお願いします

ヤマス選手:今回は、TDCから出るのではないので、「謙虚・謙遜・献身・穏やかに!!」じゃないよ。EYRTは、「高慢・不遜・自己中・激しくね!!」なので、行く時は行くよ!!

以上です

取材を終えて、何故TDCの専属記者であるわたくしが、EYRTの記事を書かなければいけないのか分かりませんが、EYRTとしての初レース、期待したいと思います

唯一の懸念は、ヤマス選手が、また、どこかのコーナーに忘れ物をしてくるのでは、ないかという事です

取材担当:ヤ・マ・ロサ



たった今、事故りました。。。
はぁ、、、
やっちゃいました。。。
自転車(中学生)と車(フミルトン)の事故です。。。

細い路地を徐行中、
accident

T字路から物凄い勢いで飛び出し、私の愛車の
側面を削るように通過(激突?)していきました。
っと同時に、自転車が転んだ音がしました。
慌てて降りると、既に彼(中学生)は立ち上がり、
右の拳を擦りむいたとの事。
取り急ぎ、親御さんの番号を聞き、事情を説明して
現場に来てもらう事にして、その後警察にも一報を
入れて現場検証開始。。。
どうやら、彼は友達と遊んだ後の帰宅途中に
いつもと違うルートで帰宅を試みたとの事。
そして、運悪く私と出くわしたらしいです。
私がいうのもなんですが、かなり綺麗な
アウト イン アウト だったと思います。
本人も自覚しているようで、ひたすら
「ごめんなさい(涙)」と言っていました。
でも、今は過失割合よりも彼の体が心配です。
※サイドミラーが吹っ飛びましたから、余程の
スピードでぶつかったのでしょうね。。。

彼のお父様とお話した結果、
一先ず、一晩は彼の様子を見て、
明日、今後についてお話をする事になりました。

それにしても、
はぁ、、ついてないなぁ。。。

休日作業が上手く行き、予想よりも早めに帰れたまでは
良かったのですが、その後が駄目でしたね。

とにかく、彼の体が無事であることをお祈りしています。

チャオ~ by フミルトン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。